理数特進・英語特進コース

【中学1年生】 曜日・日数 授業時間帯 授業科目
理数特進コース 月曜・水曜・木曜
土曜日(週4日)
18:10~22:20
 9:00~12:10
国・数・社・理・英・特進理数
特進理数・数検/理検対策
英語特進コース 月曜・水曜・木曜
土曜日(週4日)
18:10~22:20
 9:00~12:10
国・数・社・理・英・特進英語
特進英語・英検対策
【中学2年生】 曜日・日数 授業時間帯 授業科目
理数特進コース 火曜・水曜・金曜
土曜日(週4日)
18:10~22:20
 9:00~12:10
国・数・社・理・英・特進理数
特進理数・数検/理検対策
英語特進コース 火曜・水曜・金曜
土曜日(週4日)
18:10~22:20
 9:00~12:10
国・数・社・理・英・特進英語
特進英語・英検対策
【中学3年生】 曜日・日数 授業時間帯 授業科目
理数特進コース(1学期) 月曜・火曜・木曜・金曜
土曜日(週5日)
18:10~22:20
 9:00~12:10
国・数・社・理・英・特進理数
特進理数・数検/理検対策
英語特進コース(1学期) 月曜・火曜・木曜・金曜
土曜日(週5日)
18:10~22:20 9:00~12:10 国・数・社・理・英・特進英語
特進英語・英検対策
理数特進コース(2学期) 月曜・火曜・木曜・金曜
土曜日(週5日)
18:10~22:20
 9:00~19:00
国語・数学・社会・理科・英語
特進理数・数検/理検対策・受験対策
英語特進コース(2学期) 月曜・火曜・木曜・金曜
土曜日(週5日)
18:10~22:20
 9:00~19:00
国語・数学・社会・理科・英語
特進英語・英検対策・受験対策
理数進学コース(3学期) 月曜・火曜・木曜・金曜
土曜日
日曜日(隔週/週5.5日)
18:10~22:20
 9:00~19:00
 9:00~18:00
国語・数学・社会・理科・英語
特進理数・受験対策
入試対策模試
英語特進コース(3学期) 月曜・火曜・木曜・金曜
土曜日
日曜日(隔週/週5.5日)
18:10~22:20
 9:00~19:00
 9:00~18:00
国語・数学・社会・理科・英語
特進英語・受験対策
入試対策模試
  • 各コースの諸費用は こちら をご覧下さい。
  • 全コース、土曜日に時間帯フリーで希望選択制で個別指導方式の「土曜講座」(受講料無料)を受講できます。くわしくは こちら をご覧下さい。
  • 日本習字中学生クラスを併用受講できます。詳しくは こちら をご覧下さい。
  • 英語特進コースは、「英検の対策」に「エデュプラス」を採用しています。「エデュプラス」は英検対策用のテキストの解説や正しい英語の音声をタブレットで聞くことができるものです。なお、このコース受講中は、パソコン・タブレット・スマホを使ってご自宅でも映像を見て学習することができます。
  • 【理数特進コース】数学・理科の授業時間を増やし、専用テキストで少し難易度の高い問題にも取り組み、一般入試の加重配点に備えます。また、「数学検定」「理科検定」の対策も行います。さらに、希望者には、「日本学生科学賞」に応募する研究の指導も行うなど、推薦入試の対策も行います。
  • 【英語特進コース】英語の授業時間を増やし、専用テキストで少し難易度の高い問題にも取り組み、一般入試の加重配点にも備えます。また、「英語検定」の対策も行います。さらに、希望者には、「イングリッシュコンテスト北九州」へ参加のための指導も行うなど、推薦入試の対策も行います。
  • 中間・期末考査での成績向上を目指すとともに、最終目標である志望校合格のため、各教科とも教科書の内容を確実に理解できるように指導します。また、一部の私立高校の入試で出題される教科書レベルを超えた内容も必要に応じて指導します。
  • 全教科とも小単元ごとに「確認テスト」を実施し、知識の定着度を確認します。テストはほぼ毎回、授業の最初に実施します。不合格の場合はやり直しや覚え直しができた後、「再テスト」を行って再度理解度のチェックをします。
  • 入試の制度改革のもと、以前にもましてその重要性が高まっている内申点のアップのため、2学期までは定期考査での成績向上に重点をおきます。また、「土曜講座」「入試対策講座」で、前学年までの復習と確認を実施します。
  • 入試レベルの問題で得点力をつけるには、たくわえた知識を整理し、組み立て直す作業が必要となります。そのため、3年次の学習内容は12月までにすべて終了し、その後は実戦力の養成に努めます。
  • 入試の傾向を踏まえ、国語の「課題作文」、数学の方程式・式の証明・図形の証明などの「全記述問題」、社会の地理と歴史の総合問題や公民の「論述式問題」、理科の「論述式問題」や「作図問題」、英語の「リスニング」や「自由英作文」などの、県立高校入試問題に即した練習も冬休み以降に重点的に行います。
  • 【模試】年11回実施する「フクト実力テスト」、年9回(簡易処理2回を含む)実施する「福岡県一斉模試」、年4回実施する「福岡県模試」で実力の定着度を確認し、得点力の弱い教科や分野を分析するとともに、志望校の合格判定を行います。
  • 【国語】教科書の文章だけでなく、同程度の問題演習を行うことにより、文章読解力をつけることに重点をおきます。また、入試や漢字検定の合否に大きく左右する、漢字の読み書き(正しく丁寧な文字の書き)についても細かく指導します。
  • 【数学】代数」「関数」「図形」「統計」の4分野を中心に、高校入試によく出題される内容に重点を置いて教科書の問題の完全理解を目指し指導します。「確認テスト」では、途中の式をきちんと書くことや説明や証明を正しく表現することを細かくチェックします。
  • 【英語】教科書に準拠して、「必修単語」と「重要例文」の完全暗記をめざします。また、文法事項を理解することにより、作文力・長文読解力の向上を目指します。また、近年重要度が増している「リスニング」に関してもネイティブの発音を聞くなどして対策を行います。
  • 【理科】各分野とも重要な「実験や観察」を中心に指導します。特に、実験や観察結果から得られる表やグラフの理解による考察等に重点をおき、思考力の上達に努めます。
  • 【社会】暗記だけでは記憶は日々失われます。地理は地図による「場所の確認」「産業の特徴や発展した理由」(気候その他の要因)などと関連づけ、歴史は「出来事の背景や結果」「その後に与えた影響」など理解して覚えることを指導します。